ファイリングステータス アメリカのタックスリターン

タックスリターンのファイリングステータス 税金
タックスリターンのファイリングステータス

タックスリターンを申告するとき、まずはファイリングステータス(Filing Status)を決めないといけません。
タックス年度の最後の日、12月31日の家庭の状況などにより選択肢が決まります。

このステータスによって税率や控除の上限などが変わります。

アメリカの連邦タックスリターンの仕組み

アメリカのタックスリターンのファイリングステータス

ファイリングステータス

  • Single
    独身で扶養家族無し。特に説明はいらないですね(笑)。
  • Married Filing Jointly
    結婚していて一緒に申告。夫婦の所得を合算します。
  • Married Filing Separately
    結婚していて別々に申告。夫婦それぞれタックスリターンをします。
    扶養家族がいる場合、それぞれどちらか一方にしかつけられません。
  • Head of Household
    家主。一人で家族を養っている人。
    シングルマザーやシングルファーザー。
  • Qualifying Widow(er)
    年度の始まりの前、2年以内に配偶者が亡くなった人。
    年度内に亡くなった場合は「Married Filing Jointly」を選べるはずです。
    条件がややこしいので必ず確認しましょう。

まとめ

複数該当する場合、タックスリターンが一番大きいのを選ぶと良いです。
プロにやってもらうならシミュレーションしてもらうと分かりやすいです。

コメント

  1. […] ⇒ファイリングステータス アメリカのタックスリターン […]

  2. […] ⇒ファイリングステータス アメリカのタックスリターン […]

  3. […] ⇒ファイリングステータス アメリカのタックスリターン […]

タイトルとURLをコピーしました