FBARを申告しないといけない人

FBARを申告しないといけない人 法律
FBARを申告しないといけない人

アメリカに住んでいる日本人の多くはFBARを申告しないといけません。

海外金融口座の申告 FBARとは

FBARを申告しないといけない人

FBARを申告しないといけない人

アメリカの人(United States person)で、海外の金融口座を所有、または署名権限(signature authority)を持っていて、年度内に合計$10,000を超える資産があった場合。

アメリカの人(United States person)

「アメリカの人」とは

  • アメリカ人・法人
  • 永住権を持っている人
  • 税法上、アメリカ内にいた人(Substantial Presence Test)
    以下の両方を満たす人です
    • 年度内で31日以上
    • 年度内の日数+(前年度内の日数÷3)+(前々年度内の日数÷6)が183日以上

税金を納めたかどうかは関係なく、この条件のどれかに当てはまれば子供でも対象です。

配偶者も別々に申告する必要があります。ただし、配偶者の海外口座がすべて自分と共同名義の場合は手続き(Form 114a)して1つにまとめることができるみたいです。

海外の金融口座(foreign financial account)

「海外」とは口座の物理的な位置がアメリカ(50州、ワシントンDC、領域など)に無いことです。

「金融口座」とは銀行(Bank)や証券会社(Security)などの口座です。貯蓄型の生命保険や個人年金も対象です。

現金、不動産、貴金属、株券など金融口座を通さないものは対象外です。
ビットコインなどの仮想通貨、暗号資産は2020年度時点では対象外です。

合計$10,000を超える資産

年度内のどこかで、対象金融口座の資産の合計が$10,000を超えたら申告する必要があります。

ドル(USD)以外の通貨は12月31日時点での為替レートで換算します。

財務省のデータ

まとめ

日本の口座にに100万円以上あった場合、申告しないといけない可能性は高いです。

ちなみに2020年度のドル円レートは103.08円です。

不安な場合はプロに相談しましょう。

コメント

  1. […] ⇒FBARを申告しないといけない人 […]

タイトルとURLをコピーしました