UnionBankからゆうちょ銀行に海外送金する方法

UnionBankからゆうちょ銀行に海外送金する方法 生活
UnionBankからゆうちょ銀行に海外送金する方法

アメリカから日本に海外送金した話です。

一時帰国している家族に生活費を送金しましたが、なかなか上手くいきませんでした。やっと送金できたのでその方法です。
UnionBankの窓口でゆうちょ銀行に海外送金(英語で「International Wire」)しました。

UnionBankはMUFJ傘下の銀行なので、もしかしたらMUFJの口座だったらもっと良かったのかも?

UnionBankからゆうちょ銀行に海外送金する方法

UnionBankが必要な情報

自分の情報は銀行のカードと暗証番号から引っ張り出されます。
運転免許証などのIDを見せないといけません。

受取人(Beneficiary)の情報

  • 銀行のSWIFTコード:JPPSJPJ1
  • 銀行名:Japan Post Bank
  • 銀行住所:3-1, Otemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8793, Japan
  • 口座番号
  • 名前
  • 住所
  • 続柄、送金理由

仲介銀行(Pay Through Bank)のドイツ銀行の情報は自動的に出てきたみたいです。

ゆうちょ銀行へ海外送金

UnionBankは円(JPY)に交換してから送ることもできますが、ゆうちょ銀行はドル(USD)でしか受け取れないのでそのまま送ります。

ゆうちょ銀行が必要な追加情報

受取人の電話番号
送信者の国籍、出生地、誕生日

僕は送信者の情報が無かったので送金が滞りました。連絡しようと電話したらしいが、留守電にメッセージもなかったので本当かどうかわかりません。
これを先に出せるのでしょうか(汗)?

手数料

UnionBank側の手数料は$50でした。

ゆうちょ銀行側の明細には手数料は載っていませんでした。
4月12日付けで1ドル107.75円で計算されていたので、1ドルにつき約2円取られたのかも?

ちなみにUnionBankで円に交換しようとしたら、1ドルにつき2円強でした。
(3月17日時点で106.54円と言われた)

まとめ

1か月近くかかってしまいましたが、途中のトラブルが無ければ1週間で済んだかもしれない。

切羽詰まっていたわけではないので良かったが、別の送金方法も検討した方がよさそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました