アメリカのタックスリターンを申告する方法

タックスリターンを申告する方法 税金
タックスリターンを申告する方法

前回、アメリカで収入があった人はタックスリターン(Tax Return)をしないといけないと書きました。

アメリカの連邦所得税の流れ

では、どうやって申告するのか?
大きく、自分でやるか、プロにやってもらうかに分かれます。

アメリカのタックスリターンを申告する方法

自分で申告する方法

IRSに郵送する

昔ながらの方法です。煩雑なうえ、時間がかかるのでオススメはしませんが(笑)。

IRSのサイトから申告する

  • IRS Free File
    AGI、調整後総所得が$72,000以下の人が対象です。提携しているタックスリターンソフトを無料で使うことができる。
  • Free File Fillable Forms
    複雑な申告はできないので、対応していない場合はプロにやってもらいましょう(笑)。

商用ソフトウェア

TurboTaxなどです。


TurboTax Deluxe 2020 Desktop Tax Software, Federal and State Returns + Federal E-file

プロに申告してもらう方法

PTIN(IRS Preparer Tax Identification Number)を持っている人にやってもらうことができます。

税金関係を何でも代わりにできる最強資格

  • 税理士(Enrolled Agent)
  • 公認会計士(Certified Public Accountant、いわゆるCPA)
  • 弁護士(Attorney)

IRS管理下の無料サービス

  • VITA(Volunteer Income Tax Assistance)
    年収が$57,000以下の人
    障害者
    英語が不自由な人
  • TCE(Tax Counseling for the Elderly)
    60歳以上の人

現在、新型コロナウィルスの影響で100%稼働しているわけではないです。利用してみたい場合、早めに確認しましょう。

その他の代行サービス

H&R BLOCKやLiberty Taxなどが有名どころです。
個人でやっているところもありますが、有効なPTINを持っているか必ず確認しましょう。

まとめ

タックスリターンが単純な場合、自分でやってみると費用を抑えられます。
複雑になってくるとプロにお願いした方が安心ですね。

コメント

  1. […] ⇒アメリカのタックスリターンを申告する方法 […]

  2. […] ⇒アメリカのタックスリターンを申告する方法 […]

タイトルとURLをコピーしました